デンタルサロン麹町

2本のインプラントで治療費が安く済むオーバーデンチャー

インプラント固定式入れ歯オーバーデンチャー

入れ歯は、自身のアゴの形態に合っていないと骨が減ってしまったり、痛くて噛めない、うまく話せないなどの症状が出てきます。

これは単に歯が無くなったから入れ歯にするといったことの弊害でもあります。
よく噛め、発音ができ、しっかり合う入れ歯は、自費の入れ歯となるのが一般的です。

また、入れ歯にすると様々な費用がかかってきます。これは、入れ歯を洗浄する洗浄剤の購入、洗浄する手間、メインテナンス時の調整費用など、余計な事柄が増えてきます。

歯がない状態で入れ歯を使用されている場合は、骨吸収が進行していくために入れ歯をしっかり支えるための顎骨が徐々に失われていきます。 そして、最終的には総入れ歯の調整によって咬合を安定させることが困難な状態になるため、しっかり噛めないまま我慢して入れ歯を使用するしかないという患者さんが多いと思います。

オーバーデンチャーによるインプラント治療は、失ってしまった顎骨の代わりに2〜4本のインプラントを埋入して、現在使用している入れ歯をしっかり安定させることができる最も経済的なインプラント治療です。

入れ歯の方のお悩み

  • ・入れ歯が安定しないためしっかり噛むことができない。
  • ・会話をしているときに外れることがある。
  • ・歯ぐきにあたって痛みを感じる。
  • ・食事の際に食べ物が詰まりやすい。
  • ・骨量が不足しているためインプラント治療ができないと言われた。
  • ・治療費が高いためインプラント治療が受けられない。

 

長期に渡り総入れ歯(総義歯)を使用されている患者さんの多くが、このようなお悩みをお持ちになられています。 オーバーデンチャーは、これらの悩みを解消できる治療法です。

オーバーデンチャーインプラント入れ歯の種類

ボールタイプのオーバーデンチャー

ボールアバットメントはオーバーデンチャーの中の1つの方法です。

インプラントの先のヘッドの部分が丸いボール形状になっており、入れ歯側に特殊な金具を付け、インプラントと入れ歯の部分をはめ込み連結させて固定します。

このボールアバットメントによるインプラント入れ歯は、ご自身でも簡単に取り外しができます。

このボールアバットメントオーバーデンチャーは、最低2本のインプラントで行うインプラント入れ歯です。使用するインプラント本数も少なく済むため、治療費用も安く抑えられ経済的にも優れた手法となります。

バータイプのオーバーデンチャー

バータイプによるオーバーデンチャーは、インプラントをバーで連結し、入れ歯側にバーを挟み込む金具を付け、インプラントと入れ歯を固定します。

これは、ご自身でも容易に取り外しができない程の固定となるので、強固に入れ歯と連結できます。

その他、磁石を使用して入れ歯を固定する方法もあります。

このバータイプオーバーデンチャーは、最低2本のインプラントで行うインプラント入れ歯です。使用するインプラント本数も少なく済むため、治療費も低コストにできるため経済的にも優れた手法となります。

オーバーデンチャーによるインプラント治療のメリット

  • ・総義歯がインプラントで強固に固定されるため、しっかり噛めるようになります。
  • ・最少2本のインプラントで全顎を支えることができるため、治療費が安価になります。
  • ・患者さんが自由に取り外しできるためメインテナンスが非常に簡便です。
  • ・大きな外科手術を必要としないため全身的な負担も少ない治療法です。
  • ・状態によっては即日に食事も可能な状態になります。
  • インプラント治療
  • CTによる検査とコンピューター設計
  • 本数の少ない最先端のインプラント治療オールオンフォー
  • 最少2本のインプラントの固定式義歯のオーバーデンチャー
  • 骨造成をしないインプラント治療
  • 切らないインプラント治療
  • グラフトインプラント治療
  • 口腔外科
  • 顎関節症
  • 審美歯科治療
  • 顕微鏡審美歯科治療
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科治療
  • 一般歯科治療
  • 顕微鏡歯科治療
お問い合わせ・初診予約
アスタキサンチン製品
よくある質問
医療費控除
メディア掲載情報
スタッフブログ
麹町インプラントサロン
EPARK ネット予約受付中