デンタルサロン麹町

顕微鏡歯科治療

マイクロ顕微鏡精密歯科治療

近年の歯科治療では精密さを求められるようになってきています。 マイクロスコープによる精密な顕微鏡歯科治療は、肉眼の2倍から24倍に拡大して診ることができるため、より正確でより精密に、そして安全に質の高い治療を行うことが出来ます。
マイクロスロープは眼科、心臓外科、脳外科などでも常識のように使われており、既にアメリカでは、1998年に根管治療の専門医はマイクロスコープを使うことが義務づけられています。
当院のマイクロ顕微鏡精密歯科治療は、歯の根の治療、歯冠形成、歯内療法、口腔外科、口腔内診査等いろいろな分野に応用することができます。また、歯を削る場合にも削りすぎず、優しい治療を行なうことができます。
大きなメリットとしては、『治療がより正確でキレイな仕上がりになる』、『歯を削りすぎることがなくなる』、『細かい部分まで精密な治療ができる』ということがあげられます。

歯科医療に革命的変化

歯科医療にマイクロスコープが導入され、診断と治療領域に革命的変化が訪れています。歯科医療は術者とアシスタントしか見ることが出来ない、いわゆる密室の医療と非難されがちでしたが小型(CCD)カメラを使用してチェアーサイドモニタ ーに映し出すことによりリアルタイムで歯科医療の進行や治療内容が説明可能になりました。歯科医療は、もはや密室の医療ではなく、映画館や劇場のように公開された医療に変化しつつあります。

 

疾病層の治療から健康層の予防・審美治療へ

マイクロスコープは、あらゆる歯科医療に応用されています。う蝕治療(虫歯)、健康歯肉を維持するための歯面クリーニング(歯石除去と歯面研磨)や歯面の審美的積層充填(ダイレクトボンディング)、マイクロレベルの精密切削と人工歯冠物適合への応用は、審美的に優れるだけでなく歯周炎の発症を未然に防ぐ効果があります。歯科医療は疾病層の治療から健康層に対する審美(美容的因子)追及のニーズに確実に応えられるように変化しつつあります。一方、マイクロスコープは高額歯科医療機器であることや、積極的に活用すればするほど診療時間が延長されるため、保険診療で行う限り診療報酬は減少傾向にあります。しかしながら、詳細な情報提供を望む患者層に対応するために大学病院や保険外診療を主に行う開業医を中心に国内のマイクロスコープ人口が確実に増加しつつあり、2007年に歯科用マイクロスコープ販売台数は1,200台に達しました。すなわち、全歯科医師の1%はマイクロスコープによる歯科医療を行っていることになります。マイクロスコープは、次世代の歯科診療に欠かせない診療機器になることを確信しています。正確で確実な診断と治療を目指した歯科医師は国民からの高い信頼とニーズに応えられるように研鑽を重ねています。

マイクロスコープが可能にしたこと

1992年にCarr GBは歯内療法領域にマイクロスコープを導入し、マイクロスコープ下で使用する超音波切削器具の開発と臨床への普及活動を行った。1993年にKim SやPecora Gは歯内外科療法に、Raddle CJやBuchanan LSらは歯内療法全般に積極的にマイクロスコープを応用し、臨床成績の向上とハンズオンセミナー開催により歯科領域に急速な普及をもたらした。歯科用マイクロスコープの最大の特徴は拡大された明視野での観察を可能にしたことである。従来の歯内療法はエックス線による間接的な情報を頼りに手探りで疾患の原因確認や治療を進めてきたが、歯科用マイクロスコープは従来見ることが出来なかった疾患の原因を直視下で明らかにし、器具を直達させることにより正確な原因除去による歯内療法を可能にした。“直視立達”により感染根管再治療の原因となっていた破折線の確認や見逃されていた根管の発見が可能になり、根管穿孔部の封鎖や破折器具の除去がマイクロスコープ下で確実に行えるようになった。

さらに、 歯科用マイクロスコープはCTと同禄に、インフォームドコンセントに大いに貢献してしいる。歯科医療は術者とアシスタントにしか見ることが出来ない、いわゆる密室での治療であったが、CCDカメラ搭載によりチェアーサイドのモニターに映し出すことによってリアルタイムで治療の進行や治療内容が可脂になった。また、ビデオに記録することにより、治療後にも詳細な説明が可能になり、もはや密室の治療から映画館や劇場のように公開された治療に変化させることが可能になった。歯内療法難治症例に遭遇し臨床症状の消失が認められず、長期にわたる根管治療が繰り返されて患者のみならず術者も途方に暮れることを経験することがある。治療回数を重ねるとともに患者は治癒を期待し、 術者は保存処置が困難で、治療方針を抜歯に変更することを告げるタイミングに困窮する。すべては、疾患の明らかな原因が把握できないことに起因していたが、マイクロスコープ導入は診断精度の確実な向上を約束している。

 

マイクロスコープによる確定診断と感染根管再治療

1990年 Shogrenは抜歯に至った歯内難治症例の原因として歯根破折が31%に認められ、以下齲蝕 16%、歯周疾患 15%、穿孔 4%であることを報告した。 マイクロスコープによって破折と穿孔の確定診断が可能であれば、患者に対して明らかな原因と提示と的確な治療の選択が可能となり、約1/3の歯肉難治症例は解消し、さらに長期にわたる歯肉療法や時には不必要な治療を避けることが可能になると考えられる。

 

MTAによる穿孔封鎮術式

a) 再感染根管治療:穿孔部から根管内に進入した肉芽組織が治癒抑制。
b) 穿孔部に吸収性コラーゲンマトリックスを充槙し肉芽組織を排除。
c) 吸収性コラーゲンマトリックスで歯根外表面を形成。
d) MTAを穿孔部根管に充填。
e) 穿孔部の完全封鎖充填。

 

現在、歯科医療領域におけるCTとマイクロスコープの普及は徐々に広がっている。同時に、歯内療法はもちろんのこと歯科医療領域の診断と治療に確実に革命的変化をもたらしつつある。 医療は疾患に対する正しい診断が行われるならば、治療目標は明確になり、治療途中で方向性を見失うことはない。 歯内療法の診断はCTとマイクロスコープの普及によって確実に診断精度を高め同時に、マイクロスコープは密室の治療から公開された治療に変化させることによって術者と患者との信頼関係を一層強力に築き上げている。 さらに、1900年前半から試行錯誤を繰り返していたNI-TIロータリーファイルによる根管拡大、超音波による根管洗浄および HOT 根管充填法の技術改良に成功した。
歯内療法のモダンアート・ラインアップは術者の医療技術に頼らなければならなかった時代から、万人に対し良好な治療予後成績が約束された確立した歯科医療として大きな一歩を踏み出すことに貢献してしる。

  • インプラント治療
  • CTによる検査とコンピューター設計
  • 本数の少ない最先端のインプラント治療
  • 最少2本のインプラントの固定式義歯のオーバーデンチャー
  • 骨造成をしないインプラント治療
  • 切らないインプラント治療
  • グラフトインプラント治療
  • 口腔外科
  • 顎関節症
  • 審美歯科治療
  • 顕微鏡審美歯科治療
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科治療
  • 一般歯科治療
  • 顕微鏡歯科治療
お問い合わせ・初診予約
アスタキサンチン製品
よくある質問
医療費控除
メディア掲載情報
スタッフブログ
麹町インプラントサロン
EPARK ネット予約受付中