デンタルサロン麹町

治療内容について

インプラント治療

ノーベルバイオケアのインプラントシステム

インプラント治療を行う前の検査として、一般的にはレントゲン撮影による術前診査が行われます。
レントゲン像は全顎的な審査を行うためにはとても有効ですがインプラント治療の術前検査としては完璧なものではありません。例えば、インプラント手術において危険領域となる神経管や血管の位置や骨幅、骨質などを正確に診査・診断するためにはCTによる精密検査は欠かすことはできません。
CTによる精密検査の結果、最終上部構造装着時のベストポジションの想定や不必要な骨移植・骨造成の回避、そして、フラップレス術式やイミディエイト術式が可能かどうかの判断ができるため、理想的な治療計画がたてられます。 さらに、CTデータを元にしてコンピュータ上でシミュレーションすることができるのも大きな利点といえます。

本数の少ない最先端のインプラント治療法 All-on-4

ノーベルガイドは、プロセラ・ソフトウェアを利用し、インプラントの治療計画から埋入までの一連の歯科インプラント治療をより安全で正確に行うための臨床応用システムです。
患者さんのCTスキャンデータをもとに非常に精度の高いサージカルテンプレートが作製でき、より安全性に優れたインプラント埋入を可能にします。
このサージカルテンプレートとノーベルガイド専用外科キットを使用したガイディッド・サージェリーは低侵襲性のフラップレス術式を可能にし、患者負担を軽減します。

また、事前に補綴物を作製することができるため、患者はインプラントを埋入した日に新しく機能する歯を手に入れることができます。

ガイドサージェリー

ガイドサージェリーとは、CTの情報を元にノーベルガイドを使用してシミュレーションをおこない、手術用のテンプレートを装着し手術することで、より安全・確実なインプラント治療をおこなうためのものです。
また、ピンポイントでベストな位置にインプラントを埋入することができるので、患者負担の少ない低侵襲治療には欠かせないシステムです。

ガイドサージェリー

レントゲン+CTでより精密に調べる

■レントゲン画像。
レントゲン画像。

 

CT画像

立体的に見ることにより骨の厚みなど詳しく分かりますので、より的確な診断ができます。

 

 

■実際の状態

実際の状態

CTで分かる色々な症状

CTで分かる色々な症状

  • インプラント治療
  • CTによる検査とコンピューター設計
  • 本数の少ない最先端のインプラント治療
  • 最少2本のインプラントの固定式義歯のオーバーデンチャー
  • 骨造成をしないインプラント治療
  • 切らないインプラント治療
  • グラフトインプラント治療
  • 口腔外科
  • 顎関節症
  • 審美歯科治療
  • 顕微鏡審美歯科治療
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科治療
  • 一般歯科治療
  • 顕微鏡歯科治療
お問い合わせ・初診予約
アスタキサンチン製品
よくある質問
医療費控除
メディア掲載情報
スタッフブログ
麹町インプラントサロン
EPARK ネット予約受付中